Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

公共施設等の利用再開

蕨市では6月23日に新型コロナ対策本部を開設し、公共施設の利用についてさらに段階的に利用制限を緩和し感染症対策を十分にに講じながら市民の文化、スポーツ活動を徐々に広げて行くこととしました。


スポーツ団体

スポーツ団体に小・中学校の校庭や体育館を解放する「学校体育施設解放事業」については今月6日より再開することが発表されました。再開にあたり蕨市は関係団体に説明会も開催し、開放する校庭や体育館は教育活動で子どもたちが使う場所でもあるため感染防止対策の徹底協力を呼びかけています。


市民体育館

これまで制限してきたトレーニング室や卓球の個人利用について7月1日より蕨市民に限り再開をしました。また、富士見野球場やテニスコート、錦町スポーツ広場などの屋外施設についても同日より人数制限を解除しました。なお、感染防止のため各種大会での利用については引き続き見合わせています。

 

公民館

6月8日より利用を再開。飛沫感染などの恐れがある活動などについては利用制限をしていましたが7月1より活動内容による制限を解除して音楽活動など様々な活動で利用できるようになりました。ただし発声を伴う活動などについては感染リスクが高いと言われているため感染防止の対策を十分に講じていき、定員についても施設定員の半分に利用人数を制限。(文化ホールくるると市民会館も同様)
 図書館は1日よりこれまで制限してきた1階閲覧席の利用や新聞・最新号の雑誌の閲覧などのサービスを再開。2階郷土資料室の利用については引き続き制限をしている。

 

市民公園のバーベキューは7月8日から再開。同月1日より受付を開始しています。

 

8月に予定していた総合防災演習は中止となりました。

 

私たちの豊かな生活にとって生涯学習やスポーツ活動は欠かせないもので、これからはこうした活動と感染防止対策を両立させていくことが重要となります。本市は感染防止に注意しながら活動を進めていく意向です。

 

f:id:miyashita03nami08:20200707090939j:image