Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

新型コロナウイルス 蕨市独自の緊急対策を発表

小規企業者10万円+家賃補助加算など

4月28日、頼高英雄市長は、新型コロナウイルスの感染拡大や休校・休業による影響が深刻化している問題で、蕨市独自の緊急対策を発表しました。

苦境にある市内事業者への支援、子育て世帯や妊婦、児童・生徒などへの生活支援、医療機関などへの支援が主な内容で、総事業費は2億7483万円です。この中で示された事業では、1企業あたり定額10万円と上限5万円の家賃補助加算(家賃10万円を超える場合)を小規模企業者に給付する小規模企業者応援金、妊婦の感染予防にタクシーなどを利用した移動等の支援に1万円分の交通系ICカードを交付するマタニティパスについては、県内初となる事業です。さらに、市立病院における発熱者等の診療体制整備、入院時のPCR検査の実施といった事業も行われます。

日本共産党市議団は、これまでに議会での質問や2度にわたる要望書などを通して、市民や市内業者の声を届け具体的な対応を求めてきました。特に、休業が長期化する中で事業者が直面している収入減や毎月かかる家賃の問題、発熱が続く中で検査も受けられずに不安に感じている市民の思いなどは、待ったなしの課題として訴えてきました。

日本共産党市議団は「今回の内容は、党市議団の要望が反映されたものであり、『あったか市政』の成果。一日も早く市民に届くよう、議会の立場から努力する」との見解を表明しました。

 


緊急対策関連予算などを審議 ― 5月1日に臨時議会
新型コロナウイルスに対する蕨市の緊急対策や国の給付金などの施策にかかわる予算などが、1日開催の臨時議会で審議されました。

 


小中学校の休校期間5月31日まで延長
4月28日、蕨市教育委員会は、市内小中学校で実施している休校を5月31日まで延長すると発表しました。
なお、埼玉県も県立学校について同様の対応を発表しています。

 

f:id:miyashita03nami08:20200503101704j:plain

f:id:miyashita03nami08:20200503102146j:image