Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

「わが青春つきるとも〜伊藤千代子の生涯」

わらび上映会行われる


8月13日、映画「わが青春つきるとも~伊藤千代子の生涯」わらび上映会が開催されました(主催は同映画のわらび上映実行委員会)。

この映画は、戦前の絶対的天皇制のもと、「戦争反対」などの主張が国賊・非国民などと言われ弾圧されていた時代に、働く人の権利や平和、主権在民を求め続けた伊藤千代子さんが主人公。農村や女性労働者の厳しい現状から見えてきた社会の在り方への疑問、社会を変えたいと願う仲間たちや日本共産党との出会い、社会主義者などを弾圧する特高による拷問、蝕まれていく心と体…。過酷な時代の中、巨大な権力にも屈しなかった一人の女性の生き方が、時代背景とともに生き生きと描かれています。

この日の上映会では、舞台あいさつで、監督の桂壮三郎氏、原作の藤田廣登氏が登場。桂氏は、新人の俳優を多く起用した映画づくりの苦労や、酷すぎて史実通りには映像化できなかった拷問シーンについて語りました。原作の藤田氏は、伊藤千代子の生きた時代を解説するとともに、今の時代や政治にも共有した危険性があるとの自身の切実な思いを述べました。

台風8号が直撃するあいにくの天候でしたが、市内外から多くの人たちが来場。「いい映画だと思った」「拷問に屈しなかった人たちがいたことに驚いた」「24歳という若い女性が命がけで社会を変えようとした姿に涙が出た」などの感想が寄せられました。

なお、10月2日には、戸田市新曽福祉センターで上映会(10時~、14時~)が開催されます(主催は戸田上映実行委員会)。上映協力券は、今回のわらび上映会と共通で使用できます。

また、9月6日(火)、14時~16時、戸田市さくらパル2階で、原作者・藤田廣登氏の講演会(入場無料)が計画されています。