Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

スクールサポートスタッフを整備ー教育まちづくり常任委員会報告

教育まちづくり常任委員会が3月8日に開かれました。

条例2件、2020年度補正予算3件、2021年度予算6件が審議され全ての議案に全員が賛成し本会議で可決すべきものとしました。

 

条例改正の内容(2件)
●自転車を安全で円滑に通行させるための蕨市道路の改正。「自転車通行帯」及び道路の安全と効果的な利用を図る「歩行者利便増進道路」に関する規定を新たに設ける等条例改正。


蕨市公民館設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例。老人福祉センター松原会館増築等の解体に伴い、同棟に設置されている西公民館の施設の一部が廃止されることから当該施設に係る規定を削除するもの。

 


予算審議での主な内容
土木費
●舗装道等補修工事 Dランク市道の進捗状況は2020年度末(予定)では5155メートルの未補修。2021年度改修方針は、路面調査の結果をもとに劣化の進行状況や交通量等見ながら実施していく。


教育費
●スクールサポートスタッフ 10人配置。会議資料や電話、来客等の対応、また、プリント印刷や消毒などを行う、直接教育には関わらないサポート業務を行う。


●教育指導員 特別支援学級を中心として児童・生徒の支援を行う。


●小学校校舎改修工事 小学校2校の体育館に空調を整備するための設計予算。中央地区と北町地区予定。毎年継続してなるべく早く進めたい。国の緊急防災減災対策債は2020年度で終了だったところ、昨年12月の閣議決定により5年間の延長で2025年まで延長される。


就学援助制度 ランドセルや制服等の新入学学用品費について日本共産党は2017年度まで夏の時期の6月、7月の時期の支給だったところ購入に必要な入学前の時期に支給するよう要望しつづけ2018年度から実現。新年度の見込みとして小学校は79人・約302万円。前年度比20人増。(昨年59人・214万円)中学校は128人・約503万。前年度比34人増。(昨年94人・413万円)増減としては、需要増で新型コロナの影響についても否定できないものと示される。


●中学校校舎等改修工事 第二中学校の屋上防水工事。授業に影響のない夏休みを利用して体育館空調整備と併せて実施予定。