Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

移動5時間 福島へ

福島へ向かっております。もちろん仕事で。午前中は公務のため、蕨市後援会旅行に一人遅れて参加。
現地集合です。

あぁ、今月は 名古屋、千葉、福島 と移動  移動の月で、お金が羽のように軽〜く飛んでゆくぅぅーーーーっ!

 

いや しかし 長い、、
経費節約のため鈍行移動5時間(-.-)
移動中 誰にも話しかけられない時間。
ある意味貴重だわ。(驚)

5時間、誰ともしゃべらずにただ黙っている。こんな珍しいこと滅多にない!

と、いうわけで

ラジオ番組 志位委員長が対談
(新聞赤旗より一部抜粋)

「個人の請求権、日本政府も認めているんです」
ロンブー田村氏「えっ、解決しているものかと」驚き
【徴用工問題】
お笑いタレント「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが各界の人と対談する文化放送番組「田村淳のNewsCLUB(ニュースクラブ)」に17日、日本共産党志位和夫委員長が出演し、日ロ領土問題や徴用工問題など焦点の問題から参院選に向けた野党共闘まで軽快なトークを繰り広げました。志位氏の話を聞いて田村さんは随所で驚きの声をあげました。

韓国の元徴用工4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で、同社に賠償を命じた韓国大法院(最高裁)判決。日本政府は、1965年に締結された日韓請求権協定で元徴用工の請求権について「完全かつ最終的に解決している」と拒否し、韓国を非難しています。「この判決、政府の見解をどうみますか」とたずねた田村さん。

志位氏は、徴用工問題が日本の侵略戦争・植民地支配と結びついた重大な人権問題としたうえで、「実は日本政府は、日韓請求権協定を締結したが、『個人の請求権が消滅したわけではない』と何度も国会答弁で認めているんですよ」と語ると田村さんは、「えっ! そうなんですか。すべて解決した問題だとぼくは認識していたんですが…」とびっくり。

志位氏は、14日の衆院外務委員会で過去の請求権問題をめぐる日本政府答弁を確認した日本共産党穀田恵二衆院議員の質問に、河野太郎外相も「個人の請求権が消滅したと申し上げるわけではない」と答弁したことを紹介。「政府は嫌々ながら今でもそう答えざるをえないんですよ」とのべると、田村さんは「その答弁が残っていることを認めているんですね」と念押してやりとりに。

「日韓両政府とも『個人の請求権が消滅したわけではない』という点では一致している。だったらこの一致点で話し合って、被害者の尊厳と名誉を回復する措置をとるべきだというのが私たちの考えなんです」と志位氏。国家と国家の請求権の問題と、個人の請求権は別と明快な説明に、「そっか。ぼくは、もう全て解決したのに、なんでこんなことになっているんだろう、いつまでこういう要求が続くんだろうと思ってすごい不審に思っていたところなんです」と田村さん。

さらに志位氏は、14日の穀田氏の質問では、「個人の慰謝料請求権は、請求権協定の対象に含まれておらず、請求権協定によって消滅したとはいえないことも政府に認めさせた。この点もたいへん大事な点なんです」と強調しました。

「でもメディアはそのことを一切触れずに報道している」と、安倍政権の言い分そのままに徴用工問題を報じるメディア状況を指摘した田村さん。

志位氏は「メディアの報道は問題ですね。ただ韓国をたたけばいいというのは冷静な解決を妨げている」と指摘しました。
---------
新聞「赤旗」は衝撃な事実も載っている。だから情報収集能力を高めるためと自分の中で信じる情報を選ぶために読んでほしい。
電子版もあります(^^)

f:id:miyashita03nami08:20181118150202j:image

f:id:miyashita03nami08:20181118150207j:image

f:id:miyashita03nami08:20181118150220j:image

f:id:miyashita03nami08:20181118150231j:image

ウトウト昼寝できて

一人旅もいいもんだ🎵