Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

野良猫対策について・環境フォーラム

11月20日、蕨市民会館で「飼い主のいない猫対策について考える」環境フォーラムが開催され、私も参加しました。

埼玉県保健医療部生活衛生課(獣医師)望月陽平さんが講演。

 

そもそも、猫の生態について・・からはじまり、古代エジプトの時代から人間に飼いならされるようになり、乾燥地帯のため尿が濃くてとっても臭いのはここからきている  ということ。

へーーっ!  と思いました。

 

蕨市でも今年度から「猫の去勢・避妊補助金」に補助金を出す制度が始まっています。

野良猫を減らすTNR活動(T:トラップは捕獲、N:ニューターは去勢・避妊、R:リタ-ンは猫を元に戻す)、など詳しい説明がされました。

 

地域猫活動でのえさやりは4つのマナーが大切。

①去勢・避妊をする

②置きエサは×!

30分で食べられるように用意する。各ネコに一個の器で。大皿であげない。

③エサを食べ終わったら掃除をする

④近所の理解を得ること

です。

私の家のまわりも野良ネコで困っております。

高市長のあいさつの中で、補助金は80件中27件の申請があり、22件に支給済みということ。(1件5千円の補助)

この活動がより多くの人に知ってもらいたいです。

f:id:miyashita03nami08:20181121221706j:image