Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

第40 回わらび母親大会

生命(いのち)を生み出す母親は

生命(いのち)を育て

生命を守ることをのぞみます

 

8月26日、中央公民館において第40回わらび母親大会が開催されました。

蕨では毎年夏に開催。

78名の市民が集いました。

党市議団からは、山脇紀子市議が参加しました。

 

来賓として頼高市長がかけつけ、この間の公共施設のブロック塀の安全対策、パートナーシップ条例に基づく男女共同参画のとりくみを紹介し、「市民のいのちとくらしを守るために全力でとりくんでいきたい」とあいさつしました。

午前中はドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」を上映。

この映画はリラン・バクレー監督が、日本人に問いかける内容となっています。

監督は、日本の納税者が払っている、いわゆる「思いやり予算」を含む、在日米軍を支える年間8911億円の費用を疑問に思い、いろいろな場所に取材に行きました。

思いやり予算」の不条理さと矛盾を様々な視点から鋭く、そしてユーモアたっぷりな内容です。

   ↓↓

f:id:miyashita03nami08:20180829202649j:image

 

昼食休憩では、手作り弁当、手作り品や産直野菜などが販売されるバザールが行われました。

 

午後は、笑いケア体操で体と心をほぐしてから少人数のグループにわかれました。

それぞれのグループでは、映画の感想や反戦平和への思いなどが話し合われました。

f:id:miyashita03nami08:20180829183147j:plain

笑いケア体操

げらげら笑う(^-^)