蕨戸田衛生センター組合視察

ごみの最終処分場を視察

 

12日、蕨戸田衛生センター組合で群馬県草津町にある(株)ウィズウェイストジャパンの最終処分場「新草津ウェイストパーク」を視察しました。「ウェイスト」とは「廃棄物」という意味です。

 

蕨市で出るゴミは蕨戸田衛生センターに運ばれます。ごみの焼却時に排気ガス中に含まれるばいじん(飛灰)を固めたものを固化灰と言います。この固化灰を埋めるのに、(株)ウィズウェイストジャパンとは年間2900トンの契約を結んでいます。蕨戸田衛生センターは、年間6600トンのごみを4社に委託していて(2社は埋め立て処分、2社は再資源化・リサイクル)、草津町の当社分は、その44%を占めている重要な最終処分場です。

 

今回の視察では、水分などが地下に漏れ出さないように厳重に管理されているゴミの埋め立て状況と、過去に埋め立てが完了し、その地上部分を別用途(水耕栽培場、運動場)に活用している事例を見学しました。

f:id:miyashita03nami08:20161017154719j:plain

現在もうめたてが進む処分場

 

 

埋め立てが終わった土地に水耕栽培機器を設置して野菜などを育てています。ゴミを埋めた土地での栽培は土壌汚染の点から難しいので水耕栽培にしていて機器は土からは離されて設置されています。

f:id:miyashita03nami08:20161017154742j:plain

埋め立てが終わった土地の地上部分に水耕栽培施設。土からは離されている。

中ではフリルレタス・グリーンリーフ・ロロロッサを生産し、ベイシアなどのスーパーに出荷しているとのこと

 

現在の技術では、ゴミはある程度埋めざるを得ない状況ですが、20年後以降の先までは、処分場の拡張が全国的には見込めない状況で、引き続きゴミの減量とリサイクルなど、全国的な課題として考えなければなりません。