Blog-Nami Miyashita

蕨市議です。日々の活動を書いています。

蕨市新年あいさつ交歓会2020年1月6日

未来への3大プロジェクト 力強く推進

 

蕨市主催のあいさつ交歓会が仕事はじめの6日、蕨市民会館で行われ、日本共産党蕨市議団は4人全員が出席しました。

 

主催者を代表して頼高英雄市長があいさつ。はじめに昨年の台風19号で荒川が氾濫水位を超え、蕨でもはじめて避難勧告を発令し19カ所の避難所に1724名の市民が避難をしたことを報告。避難所の運営について、課題があり「今回の台風対応を検証しながら災害に強いまちづくりを更に前進させていく1年にしていきたい。」と意思表明しました。

 

市政の成果を報告

昨年の市政の成果を報告する中で、60周年を迎え「さまざまな記念事業を市民と協働で行う事ができた。」と紹介。そして4期目の市政運営に入り、あったか市政第2ステージとして災害に強いまちづくり、安全安心のまちづくり、子育てや教育、介護や健康づくり、賑わい創出など、これまで市政を継続発展させ、超高齢社会に対応したまちづくりや蕨の玄関口にふさわしい駅の再開発、市役所の建替えと、未来への3大プロジェクトについて「力強く推進することができた」と述べました。

 

3大プロジェクト

◯超高齢社会への対応

昨年市内4カ所目となる特別養護老人ホームを開設。また健康長寿蕨市モデル事業の広がりを見せて来たこと。介護予防事業「いきいき百歳体操」も20教室に増え、更に広がりを見せていることを紹介しました。

 

◯駅前再開発

昨年都市計画の変更を行い、この中で整備する予定の図書館と行政センターについて、図書館についてはどんな図書館がいいのかということについて昨年ワークショップを開いて市民からいろんな夢を語ってもらったことを報告しました。

 

◯市役所建替えについて

基本構想基本計画、基本設計の作業を進めて来たことを述べ「安全でコンパクトで使いやすい、蕨のシンボルとなる市民に愛される市役所を整備していきたい」として今年の秋ごろに仮庁舎に移転し工事期間の3年間、市民に不便をかけることを報告「しっかりと将来につながる整備を進めていきたい」と話しました。

 

その他

蕨の塚越分署が今年の8月に完成することや、蕨駅のホームドアも3月までには完成する予定と報告。

他、子育てや保育、教育では学校体育館へのエアコン設置について「計画づくり等に入っていきたい」と述べました。

 

終わりに

オリンピックの聖火リレーについてふれた後、蕨の市民意識調査では蕨への愛着が7割を超えること、「今年も全国に誇れる素晴らしい蕨のまちづくりの推進をしていきたい」と新年の決意を改めて表明しました。

f:id:miyashita03nami08:20200106230042j:plain

新年のあいさつをする頼高市