女性22人が集まる 戦争をかたるつどい

f:id:miyashita03nami08:20180206230819j:plain

戦争体験を語るつどいが 蕨市錦町で開催され、前衆議院議員参議院予定候補の梅村さえこさんも参加しました。

女性が総勢22人、うち10人が語ってくれました。

f:id:miyashita03nami08:20180206230851j:plain

戦争を経験した人、終わった後に生まれ  その後の社会がどうであったかということ。

B29や焼夷弾のこと。

人の語りというのは迫力があり、想像力を掻き立てられます。

もし、自分が死んだら残された子どもたちは・・・。

もし、自分の子どもが同じ経験をしたら・・。

胸がギュッと苦しくなる思いでした。


ひととおり語りを終えたあとには、これについては、どう考えるか や、私はこう思う、など   たくさんの意見が飛び交いました。

ただ「戦争は嫌だね」というだけじゃない、経験したからこそ持てる価値観。力強く生き抜いた女性のつどいはエネルギーに満ち溢れ、「私は今が青春なんだ。生きてきた中で今が一番楽しい」と、つらい経験をした後にも 人生を楽しんでいる姿もあり、会場は笑みが溢れました。


私はいろいろな種類の会議や委員会、審議会、理事会に出席したり傍聴したりします。しかし、そこでの女性の発言はとても とても、数が少ないのです。


繰り返します。

女性のつどい。

たくさんの意見が飛び交いました。