Blog-Nami Miyashita

蕨市議2期目。 座右の銘は「愛するということは、我らが互いに見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることだ」ーサン・テグジュペリ(星の王子さま作者) どんな立場でも同じ方向を向ける人と一緒に何かをしたいです!

市立病院会計予算質疑

地域医療を守る蕨市立病院会計予算

3月定例市議会で市立病院の予算について質疑しました。

 

昨年の9月に国は「再編・統合の議論が必要な施設」として蕨市立病院を含む424の病院の名前を公表し市民や医療スタッフに不安を与えました。蕨市立病院は市内で唯一お産ができる中核病院としても地域医療を守るかなめの存在です。

こういう事も本会議の登壇のなかで強調しつつ以下が質疑した主な内容です。

2109年度の現状について

患者数は、入院で2134人増の18656人、小児科・眼科では減少。内科・外科で増加。病床利用率は8・9ポイント増の78・4%。外来は1851人増の63574人。内科・産婦人科等で患者数増加。その結果事業収益全体で4・23%増の15億3295万7303円。事業収益から費用を引いた利益は2138万6951円。

 

2020年度の見通しについて

診療報酬が改定されるほか、新型コロナウイルス感染の影響なども考えられるため厳しい。

患者数の見込みは、入院1日平均105人、外来460人。常勤医師数は、内科6・外科2・整形外科1・産婦人科3・小児科2・眼科1人の計15人。さらなる医師確保の必要性は、産婦人科・整形外科・消火器内科の常勤医師を確保する必要がある。

 

会計年度任用制度

人数は、非常勤・パートタイム職員、応援医師等が移行。月額職員32・時給職員52・応援医師等1118人で計1202人。影響額は約840万円の見込み。 救急医療負担金 市からの繰入金、一般会計負担金は国が定める繰出基準に基づき救急医療の確保や院内保育所の運営、企業債元利償還に要する経費として毎年2億5千万円を上限として繰入している。