「エセナおおた」女性の視点からの防災を

男女平等推進市民会議パートナーシップわらび研修会

 

男女平等推進市民会議パートナーシップわらび、成田弘子会長は、7月11日、「エセナおおた」(東京都大田区)視察研修会を開催し、会員であるわたくし宮下も参加しました。

研修は①大田区の男女平等推進センター「エセナおおた」の活動の取組内容と、②「男女共同参画を考えた防災の取り組み」について。

①は、

1977年に女性が安心して集える場所として「大田区立婦人会館」が設立。その後2000年に大田区立男女平等推進センターとして会館。04年に指定管理制度が導入、「特定非営利活動法人 男女共同参画おおた」が管理・運営を行っています。特徴は、月に1回の「男の気軽なおしゃべりサロン」の開催や「ワークライフバランス」の展示会、「『やらないこと』から決める時短家事の3つの法則」講演会の他、自分らしく生きるための女性の「たんぽぽ相談」を開催。夫婦や子ども、セクハラの悩みなど女性相談員が一緒に考え、解決の糸口を探す手伝いをします。

②は、

社会的に弱い立ち場の女性や子どもの視点に立ち、災害後、避難所等で(性)暴力等の被害にあってしまうことから、女性の視点も交えての防災のあり方に取り組んでいる内容を紹介。シミュレーションゲームも行いました。4つのグループに分かれ、机の上に避難所の模造紙を広げ、「入口はどこ、受付はどこにするか」や、「DV被害親子が来たらどこに案内するか」等の擬似想定での避難所の運営をしました。これには「正解」はなく、各グループで取り組んだことを発表しそれを聞くことで、よりよい方法や知恵を探すことが目的です。参加者からは「やってみると身近に感じる」「女性の立場で考えていかなければいけない」等の感想が寄せられました。

委託管理制度の「エセナおおた」は、一つの建物全てがこの事業ですが、各セミナーや、男女共同参画から考えた防災は見習える事業だと思いました。

f:id:miyashita03nami08:20190807124440j:plain

グループワークをしたあとのまとめ