平成29年度蕨戸田衛生センター組合議会行政視察

f:id:miyashita03nami08:20171022114227j:plain


10月6日、蕨戸田衛生センター組合議会は茨城県ひたちなかにある株式会社カツタへ行政視察を行い、党市議団から山脇市議とわたしが参加しました。


株式会社カツタは総合リサイクルプラントで、可燃ごみ不燃ごみ等の一般廃棄物の他、廃プラスチック類・建設廃材の産業廃棄物等を処理し、リサイクルする施設です。今回の視察は廃家電・廃タイヤ・廃スプリングマットレスの処理状況を確認し廃棄物処理業務等を参考にするものです。 蕨戸田衛生センター組合の29年度の委託内容は廃家電で年間予定数量13・5トン、年間予算額約100万円、廃スプリングマットレスは、年間予定数量1800枚、年間予算額約380万円で合計年間予算額は約480万にも上ります。

日常生活から出されるゴミをリサイクルすることは大切な自然環境を守るうえで重要なことと言えます。