災害時における市議会議員の役割

8月28日、蕨市議会は「災害時における市議会議員の役割」について議員研修会を開催し、蕨の市議全員が参加しました。


講演は跡見学園女子大学教授で(一社)福祉防災コミュニティ協会代表理事の鍵屋一(かぎやはじめ)氏。東日本大震災についての現状や教訓について語られ、特に地域住民の人のつながりの重要性が教訓として指摘されました。


地域に密着している市議の役割としては、自分の身を守ることから始まり、行政と市議が協力し、災害対策本部が業務を円滑に行えるよう市議が支援すること。情報の一元化を図り、行政と住民の双方に積極的な情報提供をすることで「パイプ役」となることが重要と提言されました。市議の情報収集、及び発信力の大切さを再確認しました。


蕨市は危機管理防災担当以外にも災害時の役割が規定されていてそれぞれの役割を果たしています。一方 市議会については災害時の役割についてはまだ議論の途上で、今回の講演の行政と地域住民との「パイプ役」となることはとても大切なことであり、今後の議論に重要な視点となるものです。