Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

市民が学ぶ蕨市政学習会を開催

2022蕨地域行動実行委員会は2月24日、夕方に行われた「草の根要求実現2022蕨地域行動」後に、「蕨市政学習会」を実施。学習会の報告者として日本共産党蕨市議団から、わたし宮下奈美と武下涼市議が参加しました。

 

学習会では、蕨市議会の3月議会が開会し、頼高英雄市長が行った施政方針表明の概要や、また議会に提出されている「国民健康保険税の見直し」にかかわって、その内容と、これまで蕨市として国民健康保険税を、市民の暮らしと健康を守る立場から、一般会計からの繰り入れによる財政支援により、県内で低い水準に抑えてきた状況など、資料を示しながら報告されました。

 

また、国の法律改正による国保の広域化に伴い、国保の財政運営主体が埼玉県となったこと、加えて市町村の国保の運営には、埼玉県国民健康保険運営方針が大きく影響し、その第2期国保運営方針では、「2027年度から、県内の保険税水準を統一化する」との方針が明記され、県内市町村は更なる保険税の見直しが迫られている状況など報告しました。

 

わたしは「国保社会保障として、国の財政支援の拡充が不可欠。コロナ禍において、他県での運営方針では、『コロナの影響により、数値目標等は情勢に沿って、適宜修正を行うこととする』が明記されているように、埼玉県の運営方針の見直しを求める声を広げて行こう」と呼びかけました。

 

f:id:miyashita03nami08:20220227163803j:plain

 

f:id:miyashita03nami08:20220227170425j:image