Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

都民の宿泊療養施設が五輪感染者の施設にひそかに変えられた

都内で連日、宿泊療養施設に入れない待機者が100人規模で発生するなか、都の宿泊療養施設だったホテルが、五輪のための宿泊療養施設にひそかに変えられていたことが赤旗日曜版編集部の調べでわかりました。

 

来日した五輪選手などの療養施設となっているのは300室規模の都内のホテル。正面の入り口には「リニューアル工事中」の張り紙があり、入ることができません。駐車場には「TOKYO 2020」のステッカーが貼られた車両が出入りしています。

 

1階には「宿泊療養施設スタッフの皆様」のタイトルでQRコードが印刷された張り紙が。

QRコードは感染防止の防護服の装着方法を説明した動画にリンクしています。

〝陽性〟が確認された複数の五輪選手が同ホテルからSNSで検査の様子や食事などについて投稿したことも確認されています。

 

組織委員会「答えられない」

神奈川県は大会組織委員会との協議で五輪選手(無症状・軽症者)の宿泊療養施設を「湘南国際村センター」に決め、公表しています。しかし都内のホテルについては公表されていません。編集部の取材に組織委員会やホテルは五輪の宿泊療養施設であるかどうかは「答えられない」としています。

(8月1日しんぶん赤旗日曜版より)

 

※※※※※※※※※※

 

何でも自分たちの都合の良いように変えてしまう国政と小池東京都知事

わたしが一番ムカつくのは、こういう社会を未来に生きる子どもたちに見せてしまうこと。

「御都合主義」でまかり通る社会は必ず弱者(年寄りや子ども、女性)にシワ寄せが来て苦しむことになる。

そういうことを国民市民は知っている。のに、権力者は無視して自分たちのやりたいようにやる。

わたしたちが支払っている税金は一部の健康で経済的に困っていない人たちがもっと裕福になるためにあるものではありません。

年寄りも子どもも女性も、誰もが健康で文化的な生活を送るために、みんなが少しずつ出し合って生活を支えるもの。

ムカついてムカついて仕方ありません。

自分のエネルギーはこれからの社会を生きる子どもたちのために使う。

今度秋の総選挙は全力で挑みます。

120%困っている人たちのために力を尽くします。