Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

56年の歴史を閉じる 蕨市庁舎の閉庁式

10月23日午後5時15分をもって現在の市役所庁舎での業務がすべて終了し、週末には残りの部署の引っ越しが完了しました。23日午後5時20分から市役所玄関で閉庁式が行われました。

頼高英雄蕨市長はあいさつにたち、56年の歴史をとじる市庁舎は昭和39年5月、広田市長の時代に当時では珍しい鉄筋コンクリートの地上4階、地下1階の建物が完成したことを紹介。これまで数多くの映画やドラマの撮影にも利用され、3・11東日本大震災の時は停電し非常用電源で1階に対策本部を設置し徹夜で対応にあたったこと、幼かったころ父と地下食堂にきたなどの想いでを語りました。そして、56年にわたり蕨を見続けてきてくれた現庁舎と、市政を支えてきた多くの人たちへのに感謝を述べるとともに、市民サービスや災害対応の拠点となる市庁舎の建て替えはたいへん重要な事業であることから、建て替えを通じて、蕨市のさらなる発展につながるよう素晴らしい歴史をつくっていきたいとの決意を述べました。

現庁舎は12月から解体にはいり、2022年(令和5年)秋ごろには新庁舎が完成する見込みです。
その後、参加者が拍手で見守る中、屋上の市旗が降ろさら、現庁舎建物に設置されていた「蕨市役所」の銘盤が取り外さました。

f:id:miyashita03nami08:20201101144120j:plain

左から鈴木、山脇議員とわたし宮下