Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

ドラマ「レンタルなんもしない人」にハマってます

ドラマ「レンタルなんもしない人」

とは、

↓  ↓

【『レンタルなんもしない人』というサービスをしています。1人で入りにくい店、ゲームの人数あわせ、花見の場所とりなど、ただ1人分の人間の存在だけが必要なシーンでご利用ください。

交通費と飲食代だけ(かかれば)もらいます。ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます。】


というドラマです。

 

主人公「レンタル」と依頼者とのやり取りは

『人は生きてるだけで価値がある』

『頑張ろうとしても出来ない時はそれでいい』

『人って色んな悩みがあるんだな…』

と、いろいろなメッセージが伝わってくる、そんな内容です。

 

ひと事で言うと癒されます。


わたしが今回紹介する3話は、

主人公の「レンタル」が21歳 女の子 香奈から「誕生日を一緒に祝って」と依頼され、23時に香奈の家を訪ね、深夜0時になったら「誕生日おめでとう」といい、香奈が買ってきたケーキを2人で囲み、お祝いをする。

f:id:miyashita03nami08:20200507220759j:image

f:id:miyashita03nami08:20200507220802j:image

f:id:miyashita03nami08:20200507220820j:image

レンタルさん「おめでとうございます」

香奈「ありがとうございます」

 

誰でもいいから誕生日に「おめでとう」を言ってほしい、そしたらまたがんばれる、そんな健気な女の子の気持ちが表れています。

 


私は正直、自分の誕生日は嬉しくない・・。。

もう年だし・・。。

しかし、今年は新たな気づきがあり、それがこの第3話とリンクしました。

日付けが変わった3月8日。

自分の誕生日、当日の深夜0:01分。

誕生日を祝うメール着信がありました。

私はちょうどその時、せっせと筋トレに励んでいましたが、誰かが自分を気にかけてくれている、そのひと言が嬉しくて、この心温まる出来事に「よしっ!」と思わずガッツポーズ!💪

 

香奈も、だけど、みんな 毎日の日常で少しずつ少しずつ嫌な事があって、モヤモヤしたり、それを繰り返すと疲れちゃうの。

そんな時に自分の生まれた記念日がきて「おめでとう」と言ってくれたら、確かに、さっ!またがんばろっ!って思えます😊

そんなささいな日常が大切なんだなぁ〜 と実感できるエピソードでした。


私は今年の3月8日以来、人へ感謝の気持ちを伝える時は、ひとこと、ただひと言だけだけど、メッセージメモやメッセージカードをつけるようにしました。

 

ちなみに、自分が配達している新聞「赤旗」にもメッセージメモをつけるようにしました。

いつも何かにがんばっている一人ひとりや、新聞を読んでくれる人に「ありがとう」を込めて(^-^)

 

でも、それやるようになってから、ナゼか自分が元気が出てくるようになりました。

(ただの自己満足か!?)


しかし、日常とリンクするドラマってやっぱ、ハマります!