Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

蕨市の学校 少人数 学級編成

少人数学級の推進 35人程度学級

〜 2020年度は5つの学年が対象〜

 

蕨市では、小学校全学年において少人数学級 (35 人程度学級)を実施しています。平成22 年度に 3・4年生における 35 人程度学級を実施以来、平成 23 年度には5 年生に、平成 24 年度 は 6年生にまで拡大しました。

 

2020年度の在籍児童・生徒数は、小学校3097人(前年より70人増)、中学生1316人(前年より9人減)です。

 

新年度の各学校の学級編成が発表

人数及びクラス数は表1のとおりです。

f:id:miyashita03nami08:20200420160406j:image

小・中学校の学級編成は、全国的に40人が基準(小学1年生は35人)で、埼玉県では小学2年生で35人、中学1年生で38人を基準とすることができます。

蕨市では、市費での教員を採用して、小学校3~6年生の35人程度学級を独自に実施する結果、西小3年、中央東小3・5・6年、塚越小4年の計5学年が対象となりました。

 

蕨市独自の少人数学級は

学習指導・生活指導において低学年との円滑な接続やきめ細かな指導が行われその結果、授業での発言回数が増えたり児童の理解力が向上したり、体力面でも体力アップ効果などが確認されています。

保護者やセンセイから「子どもがイキイキしている」「(蕨は)なぜか県内で成績が上位、少人数学級以外の工夫は特に考えられない」「やっぱり少人数というのは子どもたちに行き届く」などの声を聞いています。