Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

委員会質疑で新たな内容が明らかに/教育まちづくり常任委員会報告

【9月市議会】一中防球ネットの改修工事に補正予算組まれる - 教育まちづくり常任委員会報告 - 市議会議員 宮下奈美

 

9月13日開催の教育まちづくり常任委員会に出席しました。

去年まで4年間、環境福祉経済常任委員会を務めさせていただきましたが、今年の改選で教育まちづくり常任委員会になりました。

 

今開かれている9月市議会で、教育まちづくり常任委員会所管の審議事項がありました。↓

2018年度一般会計補正予算、条例3件、その他1件が審議されました。

市長提出議案についてはすべて全員が賛成しました。

 

一般会計補正予算では、第一中学校の線路側の防球ネットの改修工事で、昨年万年塀の改修工事後、防球ネットを設置した状態でしたが、ボールが外に飛び出すことがあったため、高さ12メートル、幅(全長)90メートルのネット改修(2250万円)を行うものです。工事の完了は来年1~2月ごろの見込みです。

 

その他1件は、市立図書館において、職員が裏門を閉めようとした際、門扉がレールから外れ、傍に駐車していた車両に接触し損傷を与えたことについて損害賠償額38万9000円の議決を求める内容でした。

 

レールが外れた原因について委員会で質疑をしましたが、門を閉める際、閉める速度が早く、過度な力が加わったためという理由でした。

館長からは、「大人が一人、ぶら下がっても外れないような 頑丈なものであったため、今回なぜそのような事になったのか不明。今まで一度もそういう事がなかったので」とのこと。

また、「老朽化の影響などはあるのか?」ということも聞きましたが、これについても、「可能性は低い」とのこと。

現在はカラーコーンなどを置いて安全対策をしている。今後はアコーディオン式の軽いものへ変える考えで、「来年度の予算で措置をとる予定」という内容が委員会で新たに明らかになりました。