Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

みやした奈美が言いたいこと

f:id:miyashita03nami08:20190531051500j:image

f:id:miyashita03nami08:20190531051359j:image

f:id:miyashita03nami08:20190531051405j:imagef:id:miyashita03nami08:20190531051353j:image

 

私、みやした奈美は、4年前にみなさんのお力で初当選させていただきました。

シングルマザー・一人親家庭、子どもの貧困対策など、「子どもたちにもっと笑顔を、誰にでもやさしい蕨」を目指し、困っている人には優しく手を差し伸べる議員になろうと、一生懸命 努力しました。

1期4年、毎議会で発言を行い、積極的に市民の皆さんの声を市政へ届けてまいりました。就学援助・入学準備金の入学前支給や、外国人との多文化共生、日本語がわからない子どもたちへ日本語を教えるため、教育センターの中に日本語特別支援教室が設置されたのも、市民のみなさんの声から実現したものです。

これからも、市民のくらしを支え、市民と心が通い合う、よりたか市長のあったか市政を、前にすすめるためにがんばります。解決のために全力で取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

● まずはじめに、格差と貧困・子どもの貧困対策について、就学援助制度のことをお話します。
就学援助制度とは、小中学生がいて、経済的に困難な家庭を助けるための制度です。子どもが学校へ入学する時、ランドセルや体操着、制服など、たくさんのお金がかかります。「義務教育なのになぜ?」という個人的な疑問はありますが、それはさておき、このことを入学準備金といい、補助金が出ますが、この補助金の出る時期が、今まではなんと6月・7月の夏の時期でした。

●しかし、入学準備金ですから、入学するための準備です。入学後の時期に出されても意味がわかりません。必要な時期に、入学する前に、支給してほしいと、わたしは議会で何回も何回も、要望してきました。

それが、とうとう中学校は去年から、小学校は今年から入学前の時期の3月に支給されることが実現しました。

今年度の支給実績は小学校で25世帯、中学校で32世帯でした。

 

●わたしはひとりで2人の子どもを育てるシングルマザーです。

約4年前までは派遣会社の労働者として働き、不安定雇用のなか、いつも「自分がどうにかなったらどうしよう」とか思い、先が見えない生活でした。

●子どもは現在2人とも中学生ですが、子どもが小学校に入学する時、わたしが子どもたちに買ってあげられたのは、体操着と防災頭巾だけでした。ランドセルは今はもう亡くなってしまいましたが、わたしの父にお願いしたことを今でもよく覚えています。

●当時、わたしも就学援助制度を受けていましたが、7月の夏の支給で「なんでこんな時期に支給なんだろう?もっと早くしてほしい」と、思ってました。

その思いを抱えているお母さんたちが他にもいて、この4年の間で、そういう方たちのたちの役にたてたことを、本当に嬉しく思います。

●入学準備金の支給時期については、入学前の時期に支給されることが実現しましたが、その金額については、まだ十分とは言えません。支給金額は小学校で約5万円、中学校で約5万8千円です。

でもみなさん、ランドセルだけで3〜4万円かかりますし、中学へ入学する時は、今年わたしの娘がおとなりの第二中学校へ入学しましたが、制服やジャージなど合わせると、約7万円ものお金がかかりました。

★次の4年間は実状に見合った金額に求めていきます。子育てにお金がかからない教育の実現を目指します。

その他、

私、みやした奈美は、五つのお約束をします。

第一に、蕨市のコミュにティバス・ぷらっとわらびの拡充を早期に実現します。

第二に、子ども医療費無料化を18さいまで拡大することを目指し、まずは入院費から無料にします。

第三に、LGBTQ・性的マイノリティーなど少数の人が抱える困難について。

わたしが初当選する四年前までは、市民課窓口において、住民票などの申請用紙には、男・女選択の記入がありました。しかしそれは、当事者の方にとっては、苦痛なことです。わたしは市議会で「男女の記入欄をなくしてほしい」と要望し実現しました。今後は、重要な人権課題である、学校の服装について、市民と一緒にシンポジウムを開くなど、当事者の方達が抱える困難の解消に取組みます。少数の方と限定ぜずに、女性や子ども、弱い立場の人に寄り添い、困難を解消するために取組みます。

第四に、全国的に高すぎる国保税について、蕨市は市の努力で、低い水準で現保ってきました。これを守っていきます。

第五に、消費税10%増税に対し、反対する声を、市民の方と一緒に蕨市からあげていきます。

その他、市民の身近な要望実現にも力を入れて取り組みます。

 

「子どもたちにもっと笑顔を、誰にでもやさしい蕨」

1 子どもたちの笑顔輝く未来を
2 お年寄りが安心して暮らせる社会を
3 少数であっても、社会的に弱い立場の人であっても、誰でも幸せに暮らせる生活を、その願いを、私みやした奈美にたくしてください。
 

みなさまの大きなご支援をお願いして、わたしの訴えとさせていただきます。

f:id:miyashita03nami08:20190531051346j:image