Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

怒涛の4年

2015年に父が亡くなってから4年。

2015年1月10日、父がこの世からいなくなり、その年の7月20日、私は市議会議員になった。長女の誕生日だ。

 

2014年の冬、総選挙があった

もう亡くなる寸前の父は、どうしても自分の足で選挙に行くと言って、不在者投票もしないで社会福祉センターにて投票した。

まず、私が運転手で入口の目の前に車をとめる。妹と母が父の両脇を支えて、車から入口までの短い距離を3人で時間をかけて歩いた。

一歩一歩がとてもゆっくりで今にも倒れそう。

私は、父の背中を見ながら思った。

「ああ、死ぬ間際の人間でも、唯一出来る事が、投票なんだ」と。

でも その頃は、自分が議員になるなど想像もしていなかった。

 

市立病院で息を引き取ったあと、大量の血が口から溢れたことを覚えている。

今思うと、あの血が体内に流れている時でないと投票はできない。

血税とはよく言ったものだ。

 

片足どころか両足を墓場に突っ込み、もうすぐ溺れそうな  そんな老人でも、唯一  人の役に立つことができる、それが投票だ。

大臣でも国会議員でも浮浪者でも、もうすぐ死にそうな老人でも、同じ一票。

究極の平等、それが選挙権。

 

あの父の背中を見た。

「娘よ、この社会でたくましく生きろ」

そんなメッセージを感じた。

 

そして4年。

私は2期目に挑戦。

たくましく生きていく。

みんなに好かれる人気者じゃない、

一人の人のために120%動ける

人の役に立つ

そんな人間に  私は、なる。