Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

「やさしい日本語」講演会 蕨で

1月21日、蕨市中央公民館で「やさしい日本語」講演会が行われ、日本共産党から、わたしと、梶原秀明議員、武下涼蕨市議会議員予定候補が参加しました。

 

講演会の講師は埼玉県 県民生活部 国際課 多文化共生・NGO担当 主任専門員の椎橋 宗利さん。

「やさしい日本語」とは阪神淡路大震災を受けて 外国人などの人に向けて考えられたもの。

弘前大学で作られたものを基本に、埼玉県でもパンフレットなどを作成しています。

〝日本語を伝えるスキル〟しかも簡単に!これがモットーです。

禁煙→タバコを吸ってはいけません

高台へ避難する→高いところへ逃げる  など、こういう風に外国人の方たちへ伝えます。

椎橋さんは、漢字やひらがな、カタカナ、さらに外来語などが混ざった日常会話や文章は外国人にとって理解しづらいと指摘します。

最後に「やさしい日本語に正解はなく、理解されなければ不正解。相手のことを考え、書き言葉では図・写真・絵を、話し言葉では身振りなど工夫をすれば伝わりやすくなります」と述べました。

地域生活の営みを円滑にし、そして災害時の的確な避難指示など、「やさしい日本語」の重要性は今後さらに高まっていきます。

蕨市においては、日本共産党(わたしと梶原議員)が市議会で取り上げ、まずは自治体職員で学び、市内へ広げていこうと提案しているテーマです。

引き続き、やさしい日本語でだれでもわかる行政文書の実現に向けとりくみをすすめていきます。

 

こうして市内で講演会が行われるのは一歩前進です!

f:id:miyashita03nami08:20190121220558j:image

椎橋先生(左)と

 

f:id:miyashita03nami08:20190121220633j:image

 

※撮影画像 椎橋氏の顔出しSNSアップは許可済みです