Blog-Nami Miyashita

120%困っている人の力に 蕨市議2期目。

蕨市役所のトイレに

女性用トイレに

f:id:miyashita03nami08:20180830222141j:imagef:id:miyashita03nami08:20180830222146j:image 

こういうカード。

男性用トイレにはなし。

しかし、ふと、うちの議員団の雑談の中で、男性の心の相談があってもいいのでは?という事がでました。

もっと 男性の相談できる場があれば、

ストレスを緩和できるかも。

 

世間でよく言われる、女性や子どもがいわゆる「社会的弱者」であるならば、対する「社会的強者」は男性。

その男性のストレスを軽減する方法にスポットを当てる、というやり方、これは、良いのでは?!

そうしたら、セクハラ・パワハラ・性犯罪・暴力、など、少し様子が違ってくるかもしれません。

 

そういえば、DVの被害者が立ち上げたNPO団体で、加害者のケアも、活動の中でしている  という事がありました。

被害者だけケアしていても、暴力を振るう人をなくしていかないと根本的に解決しない、ということでした。

確かにその通りですね。