Blog-Nami Miyashita

蕨市議です。日々の活動を書いています。

広報公聴委員会研修

早稲田大学マニュフェスト研究所

〜議会報告会「あるある」は本当にあった〜

蕨市議会報告会をワールドカフェ方式に!

 

1月21日、蕨市議会・広報公聴委員会(委員長・副委員長)は、早稲田大学マニュフェスト研究所の長内紳悟招聘研究員を講師に「対話による議会の活性化」の研修に参加しました。

日本共産党 蕨市議会議員団から、副委員長を務める私、宮下奈美が参加しました。

 

以下、まとめたレポートを紹介します。

 

広報公聴委員会は、蕨市議会主催で年1回開催している議会報告を「ワールドカフェ方式」にしようと考えています。

市民のみなさんに「市議会」というものに興味を持ってもらうのが目的です。

 

(ワールドカフェ方式とは、カフェのようなリラックスした雰囲気の中で、市民同士がグループで話し合いをする方式です。)

 

 

長内氏によると、議会報告会とは、市民個人の「問題」を皆の「課題」へ昇華することが第一だと言います。例えば、ある人にとっての悩み、つまり「問題」について、グループで対話することで皆に知ってもらうこと。そして「それは皆で解決しなければならない問題だね」と共有されること。そこではじめて個人の「問題」が皆の「課題」なることが大切だということです。

 

そして、グループの※ファシリテーター(市議が行う)は、市民の苦情処理や質問に応えるのではなく、問題の分析を行い、課題の設定へ導きます。

問題の分析と言っても、「事実」と「意見」の違いを整理していくことです。

中立的な立場から活動の支援を行います。

 

議会報告会の「あるある」悪い事例は、参加者について◯特定の人だけが発言し、他の人が発言できない◯年配の男性に偏る◯いつも同じ顔ぶれ、などです。

これまで蕨市の、議会報告会は、なんと全てこれに当てはまります。

 

おわりに

ワールドカフェ方式にすることで◯議会をいろいろな角度から多角的にみることができる◯議員自身の気づきがある◯30〜40代の子育て世代を呼び込むことができる◯この世代は次の地域のリーダー候補になり得る。

等を学び、ぜひこれを本市でも活かしていきたいと思いました。

  

ファシリテーター

ファシリテーターは、集団活動そのものに参加せず、あくまで中立的な立場から活動の支援を行うようにする。例えば会議を行う場合、ファシリテーターは議事進行やセッティングなどを担当するが、会議中に自分の意見を述べたり自ら意思決定をすることはない。

f:id:miyashita03nami08:20200201153138j:plain

講師の長内さんと一緒に