Blog-Nami Miyashita

蕨市議です。日々の活動を書いています。

小・中ともに実現 市民と市議団の要望実る

就学援助制度
入学準備金 小学校入学前支給はじまる

 

就学援助金は、経済的な理由で就学が困難な児童・生徒の保護者に、学用品費・給食費など、就学費用の一部を援助するものです。

 

新入学用品費を、入学後ではなく入学前に支給してほしいとの保護者の願いを受け、日本共産党の国会議員団は4年前から国会で論戦、文部科学省は、関連要綱を改正していました。蕨市議会でも運用の改善を要望し、蕨市教育委員会は、昨年から中学生の入学前支給(3月)を実施しました。

 

市議団は、小学生についても入学前支給を要望していたところ、今年から実現することが3月市議会の中で明らかになり3月中の支給が実施されました

 

また、受給金額について、2017年度から新入学用品費が増額されており(小学生4万600円、中学生4万7400円)先月の3月市議会においては、小・中学校ともにさらに1万円ずつ増額されることが、わたくし宮下の、議会一般質問の中で明らかにされました

 

なお、2015年度以降の生活保護制度改悪に合わせて、全国の自治体では就学援助基準を改悪していますが、蕨市では日本共産党の議会質問もあり、変更していません。また、借家世帯については、年間74万4千円を上限とした家賃相当額を所得の基準に上乗せし、対象者を拡大しています。

対象世帯は所得基準等があります(表)。年度当初の認定は今月8日から22日(月)まで。途中申請は23日(火)以降随時の締め切りで、以降も申請は可能です(支給は翌月から)。

申請書は学校や市役所で配布している他、ホームページからダウンロードもできます。

詳細については、日本共産党蕨市議団や蕨市教育委員会教育部学校教育課(電話433‐7728)までお問合せください。

f:id:miyashita03nami08:20190410160905j:image

 

 

ところで、以前こんなことを言われたことがあります。

「宮下さんが就学援助のことを議会で取り上げたって聞いた。それでそのあと中学校が入学前に支給されるってことになってすごいなぁ、って思ってたんだけど、みんな どこも そうなって来てるんだってね、なーんだ って思った。アハハハハ。別に普通のことじゃん!」(笑)

わりとザックバランに話せる方(男性)だったし、お酒も入っての 何人かでの席だったので、冗談で言ったのかもしれません。

しかしフランクに話せる相手だからこそ人間性が見える言葉だな、と感じました。

「誰に対して  そして  どんな風に役にたつのか。それは本当に意味のあることなのか」私はいつもこの事を意識しています。

これこそ一番重要なことで、私がアピールしたかったこと。

それを、「わたしがやったぞ、すごいぞ」と受け取っていたのね。

と思うと、この人は人から「すごい」と思われたい人なんだ。と感じました。

 

わたしは就学援助を受けていた身。

私自身困っていたし、周りにも今も困っている人たちがいる。

「こんな風に、弱い人の立場に立てない人には、決してなりたくない!」 と、この時そう思いました。

人付き合いは学習。

わたくしは飲んだ席で記憶を失う事も、そして、記憶が飛ぶことも、加えて言うなら、乱れることも 決してございません。

全て覚えております♡(^-^)

飲んでない時は忘れることたくさんありますがね・・汗

f:id:miyashita03nami08:20190410161636j:image

日本共産党蕨市議会議員団控え室にて撮影