Blog-Nami Miyashita

蕨市議です。日々の活動を書いています。

3月議会が開会しました

2月20日蕨市議会が始まりました。

新年度の予算案などが提出されています。

 

高市長は、前の市長のばくだいな借金を減らしながら、市民要望にこたえる、「あったか市政」を行っています。 市民のくらしを支える。これが、頼高市長、12年間の最大の特徴と言えます。

●健康保険税は県内で最も安い水準を維持しています。

●子育ての分野では、埼玉県南部で、いち早く、子ども医療費の無料化を中学卒業まで拡大、認可保育園は5園から13園へ増やしました。

●どの子どもにも、行き届いた教育をと、小学校の少人数学級を実施し、全国的にも早い段階で、小中学校全ての教室へのエアコンを整備し、教育環境を整えています。

●介護の分野では、特養ホームを2つ増やし、高齢者の健康増進にも役立つ、ぷらっとわらびの無料制度は大変喜ばれています。

●防犯パトロールなどにより、平成15年に3千件以上だった犯罪件数は、昨年は、760件、4分の1まで減りました。

●交通死亡事故ゼロは1300日となり、県内40市で最も長い、実に3年半となり、安全性の高い市となっています。

 

さまざまな取り組みには、お金がかかります

ばくだいな借金を返済しながら、職員人件費を増やさないなどの節約に努めていることも、蕨市政の特徴です。

●市立病院は、10年前に連続赤字から抜けて黒字となり現在に至ります。

●市の借金は、臨時財政対策債を除くと、300億円から170億円へ130億円減らしています。

そして、いよいよ、蕨の未来に向けた大きなプロジェクトに着手できる体力がついてきて、蕨市新年度予算には、新しい施策がたくさん盛り込まれています。

●消防塚越分署の建替え、塚越陸橋などの改修工事を行います。

 

3つの大きなプロジェクト

①第一は、超高齢社会への対応です。高齢者の生活支援と認知症対策、地域包括ケアをさらに強めます。

②第二は、蕨駅西口の整備です。今後、駅前に、図書館を移転し、(塚越から市役所へ行かなくても手続きができるよう)行政センターを設置する方針が決まりました。

日本共産党は、どういう図書館を作っていくのか、市民とともに、提案してまいります。

③第三は市役所の建替えです。新しい市役所は「防災拠点となる」こと、「誰もが利用しやすい」こと、「環境にやさしい」こと、「コストが安い」こと、「市民が親しみやすい」ことの、5つを基本理念として、設計作業を進め、2023年度完成予定です。

 

日本共産党は、市民のくらしを守るため市政改革を進めています。

フレッシュみんなの会や、思想・信条の違いを超え幅広い市民と協力して、頼高市長を支えてがんばります。

f:id:miyashita03nami08:20190225213952j:plain

街頭宣伝