市議会議員と男女平等推進市民会議の交流会

4月13日、男女平等推進市民会議は蕨市議会議員との交流会を開催しました。

市議団からは鈴木市議と、わたくし宮下が参加しました。

この日の交流会は分科会方式で3つのテーマにわかれ

高齢

②若い世代につなぐために

③DV問題について、

グループ約10名づつに分かれて意見交換しました。

 

鈴木議員が参加した②グループでは、若い世代で地域活動参加が弱い現状などが出され、家族で参加できる企画や定年後の地域活動参加の重要性などについて意見が交わされました。

わたしが参加した③のグループでは、DVの被害が増えている実情やその防止策について。また、二次被害影響の大きさについて等が話されました。

 

最近の大きな出来事として複数の女性記者にセクハラ言動を繰り返した財務省の福田事務次官が辞任に追い込まれたと報道がありました。その後も反省のない態度に批判が広がっています。こうした中だからこそ、男女平等推進の立場で、広範な市民が地域の中で個人の意見を出し合い、共有することはとても大切なことです。

今後さらにこのような取り組みが広がることが期待されます。

f:id:miyashita03nami08:20180423205710j:plain