市長タウンミーティング

市民の意見いっぱい・交流活発

4月14日、西公民館と東公民館で、15日、南公民館で市長タウンミーティングがスタートしました。

 報告で頼高市長は、市民の願いに応えた運営を貫いたとして、認可保育園の増設や特養ホームの整備などを紹介。続けて、財政健全化など今後の土台となる成果についても詳しく説明しました。さらに、そうした土台の上に立って進める内容として「安心できるまち」「にぎわいあふれる元気なまち」「みんなにあたたかく誰もが住みやすいまち」の3つの基本方向に沿った重点事業と3大プロジェクトを中心に、18年度蕨市予算の内容や特徴的な事業を示しました。

その後、参加した市民からの意見や要望の一つひとつについて、市長が現状や今後の計画、見解などを答えました。

市民からの質問等主なものは以下の通りです。◆高齢者のゴミだしを手伝ってほしい◆錦町区画整理後の番地のつけかた◆犬の糞対策、糞害条例の制定を◆ぷらっとわらび西ルートの拡充を◆平日開催とされた保育園保護者会を土曜に◆福祉入浴券に変えて福祉理美容券を◆給食の品数を増やして◆期日前投票所を塚越地域にも◆蕨駅西口再開発の詳細説明を◆末広公園の管理◆他市で受診した場合の子ども医療費窓口払いをなくしてほしい◆障がいのある児童の学童受け入れと指導員の加配◆まちなか防犯カメラの設置数と記録内容の保存・上書き消去方法や情報公開の基準など◆羽田空港の増便と蕨への影響、蕨市の対応◆外来種ナガミヒナゲシの駆除◆障がい者入所施設の市内設置を◆保育・子育てコンシェルジュの待遇改善を◆まちなかAED◆健康モデル事業◆そばサービスの復活◆雨水調整池の管理。

 参加者は西公民館85人、東公民館93人、南公民館122人でした。