蕨ブランド・観光事業で蕨の魅力を発信

 

蕨ブランド認定制度は、「蕨らしさ(歴史、ストーリー性など)を有したものを審査し、品質も含め一定基準を満たしたものを蕨ブランドとして認定する制度です。

 

認定品を推奨することにより、蕨ブランドの普及と市をPR(蕨市)することを目的としています。(2016年度に5事業所・5件)

IBIZA双子織バッグ

●蕨上田オリジナル鳶服

●蕨硝子

●蕨双子織ショルダーバッグ

●わらびりんごサイダー    が、初めて認定されました(認定期間は3年)。


2018年度はこの認定品を市内外のイベントに出展したり、蕨市と災害時の相互援護協定を結んでいる片品村の「道の駅」への店頭幕設置を予定しています。また、蕨市議会の説明では、蕨ブランド第2期の認定を、2019年5月頃に審査し、11月頃に決定すると発表しました。

蕨の魅力を市内外に発信する事業は、観光事業としても実施しています。

協働事業提案制度の中で「わらてつまつり」が大きく発展しました。

蕨のにぎわいを創り、新幹線車両などを製造した日本車輌製造(株)の事業所が蕨にあったことなど、蕨を鉄道の街としてPRしていくために実施されています。今年度はこれを、蕨市観光協会の事業に位置づけて市が補助し、「わらてつまつり」を継続します(7月実施見込み)。

f:id:miyashita03nami08:20180416203040j:plain