3月定例市議会が閉会

f:id:miyashita03nami08:20180330162706j:plain

未来へのさらなる前進に向けて
新年度予算算など  市長提出議案は全て可決


3月23日、蕨市議会は最終日を迎え、2018年度一般会計予算などの市長提出議案36件(人事に関する2議案は1日に先議・可決)をすべて可決しました。


また、市民からの「日本国憲法第9条の改正の発議について慎重に取り扱うよう求める陳情」を採択し、さらに意見書を可決し、閉会しました。


高市長は今議会の施政方針で「未来への更なる前進に向けて、大きな一歩を踏み出す、これが、平成30年度の最大のテーマ」と表明しました。

新年度予算には

●市役所庁舎建替えに向けた基本構想基本計画審議会の設置

蕨駅ホームドア設置工事への補助金

●小規模保育施設の増設

国保税率の据え置き

認知症対策の推進

●教育センターの移転・充実

などが 盛り込まれました。


今議会からはじめて行われる代表質問では、日本共産党からは梶原議員が質問しました。


今議会の傍聴者は、累計で本会議112人、委員会で2人でした。


f:id:miyashita03nami08:20180329181553j:plain

錦町地域で宣伝

話しを最後まで聞いてくれて「がんばってください」の声かけをくれたり、子どもやお母さんがたの「こんにちは!」の笑顔をあちらこちらでいただきました(^-^)


今議会では市民からの「日本国憲法第9条の改正の発議について慎重に取り扱うよう求める陳情」が  採択され、3月26日に意見書が国会へ送られました。

揺れ動く国会に市民の注目が集まっています。