「エセナおおた」女性の視点からの防災を

男女平等推進市民会議パートナーシップわらび研修会

 

男女平等推進市民会議パートナーシップわらび、成田弘子会長は、7月11日、「エセナおおた」(東京都大田区)視察研修会を開催し、会員であるわたくし宮下も参加しました。

研修は①大田区の男女平等推進センター「エセナおおた」の活動の取組内容と、②「男女共同参画を考えた防災の取り組み」について。

①は、

1977年に女性が安心して集える場所として「大田区立婦人会館」が設立。その後2000年に大田区立男女平等推進センターとして会館。04年に指定管理制度が導入、「特定非営利活動法人 男女共同参画おおた」が管理・運営を行っています。特徴は、月に1回の「男の気軽なおしゃべりサロン」の開催や「ワークライフバランス」の展示会、「『やらないこと』から決める時短家事の3つの法則」講演会の他、自分らしく生きるための女性の「たんぽぽ相談」を開催。夫婦や子ども、セクハラの悩みなど女性相談員が一緒に考え、解決の糸口を探す手伝いをします。

②は、

社会的に弱い立ち場の女性や子どもの視点に立ち、災害後、避難所等で(性)暴力等の被害にあってしまうことから、女性の視点も交えての防災のあり方に取り組んでいる内容を紹介。シミュレーションゲームも行いました。4つのグループに分かれ、机の上に避難所の模造紙を広げ、「入口はどこ、受付はどこにするか」や、「DV被害親子が来たらどこに案内するか」等の擬似想定での避難所の運営をしました。これには「正解」はなく、各グループで取り組んだことを発表しそれを聞くことで、よりよい方法や知恵を探すことが目的です。参加者からは「やってみると身近に感じる」「女性の立場で考えていかなければいけない」等の感想が寄せられました。

委託管理制度の「エセナおおた」は、一つの建物全てがこの事業ですが、各セミナーや、男女共同参画から考えた防災は見習える事業だと思いました。

f:id:miyashita03nami08:20190807124440j:plain

グループワークをしたあとのまとめ

 

息子のかまちょ

2泊3日の静岡研修から戻ったら、家の中が思わぬことに。

息子の大好きアピールがビームで直撃。

き、気持ち悪い・・・。

 

中3、182センチの息子、わたし不在の間、家で口をきかなかったとのこと。

 

食事中無言、食事以外無言。

 

おばあちゃんが家の中が海翔と2人だと全くつまらないとのこと。

文句言われました。

 

また2泊3日の出張があるけど、なぁ・・。

 

蕨市訪問

参議院選挙、埼玉選挙区で初当選した伊藤岳さんが蕨市を訪問し、頼高市長と懇談しました。

国への要望を聞くという主旨です。

f:id:miyashita03nami08:20190726214736j:image

学校体育館へのエアコン設置について、幼保無償化についてなど、国は、決めたはいいけど、きちんと責任を持って持続的な予算をつけないので自治体は困っています。

 

懇談の後、控え室にも来てくれました。

f:id:miyashita03nami08:20190726214745j:image

ちょうど私と武下議員がいたので、直接、岳さんに   おめでとう   が言えてよかったです!

 

好きな人との関係を良くする方法

「好きな人との関係を良くする方法」

と、いうのがあったのでアップします。

 

家族や友だち、仕事仲間にも当てはまる事だなぁ   と思いました。


http://usasin77.sakura.ne.jp/beautystyle.sakura.ne.jp/2019/05/31/post-870/

 

一部抜粋

↓ ↓
「ありのままの自分」を見せる。

相手に正直になり、気持ちを伝えよう。

(できるとラクになる)

 



本当の深い仲とは「肉体関係」ではなく「心関係」

(That's right!男女問わず)

 

 


結婚は、ゴールではない。

愛に、ゴールは作らないほうがいい。

(そもそも何がスタートなのか)

 

 

相手は、自分と違う存在であることを楽しむ。(だね!おもしろいっ)

 


「決めつける」は、恋のご法度。

(これされるとキツイなぁ〜っ)

 


愛にも、四季がある。

(いつも一定で同じ、なんてのは難しいよね、てか、不可能に近い)

f:id:miyashita03nami08:20190716010452j:image

 

自分を愛せるようになり、

初めて他人も愛することもできる。

(「人のため」の  「人」に、自分も入れてね)

f:id:miyashita03nami08:20190716010626j:image

 


どう思っているかを、きちんと話す。

(そういう時間を持つことが大事)

 

 

 

2人だけの思いでを作ろう。

思い出は、一生心の中に残り続ける宝物。(どんな事でもいいよね)

f:id:miyashita03nami08:20190716010805j:imagef:id:miyashita03nami08:20190716010902j:image


相手に「ありがとう」が言えるようになるだけで「今の自分の幸せさ」に気づくことができる。

(I think so.)

f:id:miyashita03nami08:20190716005930j:image

 

 

 

常に、連絡を取り合うようにする。

(これは大事  あとあと溝になるから)

 

 


頑固になりすぎない。譲ることができれば、関係は長続きする。

(意識しないと  お互いに)

 

 


何事も、ポジティブに考える。

(ね、)

 

 


心の底から、相手を信頼する。

(そういう人っているよね)

f:id:miyashita03nami08:20190716005741j:image

 


「愛の言葉」を、口に出そう。

愛は、出し惜しみしないようにする。

 (うちの子どもたちは言い過ぎる・・・)

(何も言わないでずっと、は、存在しないでしょうねぇ〜)

f:id:miyashita03nami08:20190716011119j:image



愛する人の人生を少しでも楽にして

あげる気持ちで接する。

(子どもにやったらただの甘やかし。大人も距離感が大事)

 

 

 

「忘れる」のおかげで、つらい過去を乗り越えていける。

 (けっこう難しいけど・・)

 

 

 


パートナーに、問題解決を求めない。

問題を解決する人は、自分。

(自立しよう。移動も転勤も転職も職場が変わることも、全てが、自分ごと。うまくいってないと思い込み、人に依存しないこと。気持ちの整理は自分で)

f:id:miyashita03nami08:20190716011530j:image

 

 

2019年ももう半分が過ぎ、あと5カ月で今年も終わり。早いなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年1月・北関東信越から10年。来年になったら、私は新たなスタートをきります。

 

節目です。

社会保障キャラバン

f:id:miyashita03nami08:20190715223937j:plain

 

国保の運営、障がい者の暮らしの場など懇談

 

埼玉県社会保障推進協議会は6月から7月にかけて、県内全ての自治体を訪問する社会保障自治体キャラバンを実施し、10日が最終日で蕨市を訪問しました。

これには、社会保障をよくする蕨の会(本間奈保美会長)に参加する団体の会員と県団体役員など、41人が参加しました。

 

冒頭、川崎蕨市理事が「蕨市のあったか市政を安心と希望の第2ステージへと進めていきたい」とあいさつしました。会があらかじめ提出した要望事項について、市が回答し、参加者と蕨市側が懇談しました。
国民健康保険については広域化などの影響の質問に対し、来年度の税額の見直しは避けられないと課長が答えました。参加者からは応能負担を中心とすること、生活が厳しい人の滞納対策は慎重にすべきとの要望がありました。

 

国の介護保険の改悪で、介護サービスの質の切り下げが一部の自治体でおこなわれていますが、蕨市では実施していないと室長が説明しました。

 

重度の知的障がい者を支援する団体から、市内に暮らしの場を確保してほしいと切実な訴えがあり、課長は、引き続き法人に施設整備を働きかけたいと答えました。課長は、蕨市一般会計の障害者福祉費の予算は2013年度から17年度へ約3億円(25%)増え、多様な要望に答えていると述べました。

 

子育てに関しては、国の幼保無償化について、制度のはざまで負担増になる世帯が出ないよう、市の制度を検討する、また、子ども医療費助成制度は市の財政負担が大きく、県に制度の拡充を要望していくと課長が答えました。

 

生活保護制度などの生活保障の課題では、生活保護の「しおり」を役所の窓口に置くようにしたと課長が回答。会の要望が一歩実現しました。

 

佐藤一彦・蕨の会副会長は、「あったか市政第2ステージの発展へ今日の懇談をいかし、秋の懇談につなげたい」と話しています。

懇談には、日本共産党蕨市議団から、鈴木・山脇・梶原・わたし宮下 の各市議が同席しました。

あったか市政第2ステージスタートの6月議会終わる

 6月19日から開かれていた2019年第2回蕨市議会定例会は7月9日、市長提出議案すべてを全議員が賛成・承認して閉会しました。

 

また議会改革推進特別委員長から、委員会の協議結果についての報告がありました。さらに議会運営委員長が「議会基本条例の検証結果について」を報告しました(詳細は次週)。議会は議員提出議案として「天皇陛下の御即位につき賀詞を奉呈する件」を全議員の賛成で採択しました。

 本議会は、よりたか市長が6月の市長選挙で再選し、あったか市政第2ステージをスターとさせる中で行われました。

 日本共産党市議団は、4人全員が一般質問に立ち、ぷらっとわらびのルート拡充

梶原市議の一般質問

https://www.jcp-warabi.jp/html/menu2/2019/20190712094640.html 

 

保育環境の拡充

鈴木市議の一般質問

https://www.jcp-warabi.jp/html/menu2/2019/20190712094937.html 

教員の長時間労働の是正、錦町区画整理の進捗など、市民の切実な声を市政に届けました。日本共産党をはじめ多くの議員が、6つの柱50項目の市長マニュフェストへ期待を込めた質問をしました。

 傍聴者は延べ134人でした。初日の市長就任あいさつには傍聴席があふれ、委員会室を開放して全ての希望者が傍聴しました。


ぷらっとルート拡充を早く
3月議会で新生会と公明党が附帯決議を出して、ルート拡充の準備が滞っている問題については、梶原・山脇両市議が取り上げ、早期の運行開始を求めました。今後の見通しは、警察などとの安全運行の調整・協議、新たな停留所の設置についての近隣との協議が整った後、関東陸運局に申請を出し、申請後3ヶ月程度で運行を開始できるとの説明がありました。当初予定した今年12月運行開始は難しい情勢です。

新議員による初議会は24日に
新議員の任期開始は20日で、今議会は市議選挙改選前の議員で行われました。新議員による臨時市議会は24日から26日まで行われる見通しです。