Blog-Nami Miyashita

蕨市議です。日々の活動を書いています。

蕨錦町ゆたか保育園見学

3月31日、蕨錦町ゆたか保育園(錦町3−8−7)の見学に行きました。

f:id:miyashita03nami08:20200401175636j:image

宮下(左)・武下涼議員(右)

 

f:id:miyashita03nami08:20200401172641j:image
f:id:miyashita03nami08:20200401172645j:image

蕨錦町ゆたか保育園は4月1日に錦町地域に新たに開設された保育園で、経営は社会福祉法人「良心会」です。

 

定員69名

0歳児・6名

1歳児・8名

2歳児・10名

3歳児・15名

4歳児・15名

5歳児・15名

 

開園時間

平 日7:30〜19:30

土曜日7:30〜18:30

 

2階建ての建物で施設の中は木目調。0・1・2歳児は1階フロアー。3・4・5歳児は2階フロアーです。

 

 

災害などがあった時に月齢が小さい子ども達から避難できるように0・1・2歳児は1階フロアーにしたこと、また、太陽の熱を貯めるシステムを設置し、集めた温かい空気を0・1歳児の部屋に送り込むなどの工夫がされていました。

 

2歳児の部屋は、窓からすぐ出られるテラスがあり、テラスにはお湯がでる蛇口を設置して夏はビニールプールを出して水遊びが出来る工夫がされていました。

f:id:miyashita03nami08:20200401171045j:plain

2歳児・ひまわり組

f:id:miyashita03nami08:20200401171512j:image

テラス・画像左手にある赤と深緑とかの棒に蛇口がついています。赤はお湯が出ます。夏にはここに大型ビニールプールを出して水遊びをします。

 

 

3・4・5歳児の2階フロアーは、幼児にすぐシャワーを浴びせることができるミニシャワー室や、オムツや衣服等を洗えるトイレ風洗面台が設置されていました。

f:id:miyashita03nami08:20200401171714j:image

ミニシャワー室

(こんなの家庭にあったら!と思いました)

f:id:miyashita03nami08:20200401172358j:image

4・5歳児の部屋をつなげて入園式の準備をしています。

 

1・2階ともに子ども達が寒くないように と、トイレにもエアコンが設置されていました。

f:id:miyashita03nami08:20200401171817j:image

 

他、先生方の休憩室や給食室なども、利用する人が使いやすくなるような工夫がされていました。

f:id:miyashita03nami08:20200401172320j:image

給食室

 

説明をしてくれた理事長さんは「子どもたちが安全に楽しく過ごせるように」と語りつつ「そのためにも先生方へ賃金や休暇の保障が大切」として「子どもたちも先生も快適に過ごせるよう少しでも工夫したい」と話してくれました。

 

一方で、課題については、経営と補助金についての悩みなど、詳しく話しを聞く事ができました。

 

新型コロナウイルスの影響ついては

◯入園者が少ない

◯消毒やマスクの在庫確保

◯現在定員割れしているクラスがある

◯保護者のお母さん方が仕事を探すのに会社の募集が少なくなっている。(就職を決めなければいけない期限を延ばしてほしい。)

など、切実な声を聞く事ができました。

 

なお、4月1日(本日)の入園式については、時間を10分程度と短縮したり、来賓の参加をなくしたりなど規模を縮小して開催されました。

2日(明日)からはじまる子どもたちの保育については、保護者の方には入口までの送迎にして部屋には入らないようにするなどの対策をとるとの事でした。

また、3月末現在では2・3・4・5歳児に空きがあることが、31日、見学時の聞き取りの中でわかりました。

 

 

 

蕨市は、子育て支援の更なる充実に向けて「豊かな個性を育み子どもたちの未来輝くまち」を目指しています。

今回紹介した民間認可保育園の「蕨錦町ゆたか保育園」が開園するほか、中央の「蕨ゆたか保育園」は定員を拡充しました。

市立保育園を含む認可保育園の定員数は、1168人から1265人に拡充が図られました。

更に、家庭保育室からの移行により新たに2園の小規模保育園が開園するほか、保育園と同様、入室希望の多い留守家庭児童指導室についても、民間施設「キッズクラブ塚越」が開室しました。

本市は、今後も新たな増室に向けた民間公募を行っていく意向を示しています。

(3月・先月の定例市議会の市長施政方針)

 

 

市立病院会計予算質疑

地域医療を守る蕨市立病院会計予算

3月定例市議会で市立病院の予算について質疑しました。

 

昨年の9月に国は「再編・統合の議論が必要な施設」として蕨市立病院を含む424の病院の名前を公表し市民や医療スタッフに不安を与えました。蕨市立病院は市内で唯一お産ができる中核病院としても地域医療を守るかなめの存在です。

こういう事も本会議の登壇のなかで強調しつつ以下が質疑した主な内容です。

2109年度の現状について

患者数は、入院で2134人増の18656人、小児科・眼科では減少。内科・外科で増加。病床利用率は8・9ポイント増の78・4%。外来は1851人増の63574人。内科・産婦人科等で患者数増加。その結果事業収益全体で4・23%増の15億3295万7303円。事業収益から費用を引いた利益は2138万6951円。

 

2020年度の見通しについて

診療報酬が改定されるほか、新型コロナウイルス感染の影響なども考えられるため厳しい。

患者数の見込みは、入院1日平均105人、外来460人。常勤医師数は、内科6・外科2・整形外科1・産婦人科3・小児科2・眼科1人の計15人。さらなる医師確保の必要性は、産婦人科・整形外科・消火器内科の常勤医師を確保する必要がある。

 

会計年度任用制度

人数は、非常勤・パートタイム職員、応援医師等が移行。月額職員32・時給職員52・応援医師等1118人で計1202人。影響額は約840万円の見込み。 救急医療負担金 市からの繰入金、一般会計負担金は国が定める繰出基準に基づき救急医療の確保や院内保育所の運営、企業債元利償還に要する経費として毎年2億5千万円を上限として繰入している。

選択的夫婦別姓について

家制度=家父長制度

現在に至るまでこの制度が日本を支配しています。

家父長制度からくる〝夫婦同姓制度〟

これは本当に人にとって必要なのでしょうか。

圧倒的な家父長制度の中で育った嘉田由紀子さんの話しが衝撃的です。

 

ひとり一人がもう一度よく考え直すテーマだと思います。

       ↓↓

夫婦別姓なら子どもの名字はどうする?」〜世界の文化を嘉田由紀子さんに訊く〜

https://wezz-y.com/archives/74771

f:id:miyashita03nami08:20200330110229p:plain

(画像:ネット記事からスクリーンショットで貼付け)

2006年から2014年まで滋賀県知事を務め、昨年参議院議員に初当選した嘉田由紀子さん。知事時代から今の時代にあわせた家族のあり方について改革を進めてきた。

小中学校での新型コロナウイルス対策~卒業式・入学式・児童の居場所~

小中学校での新型コロナウイルス対策 ~卒業式・入学式・児童の居場所~

 

2月27日、安倍首相は突然の「休校」要請を発表し、全国各地で衝撃が走りました。蕨市では、埼玉県の要請も受け、3月2日から4月7日まで小中学校を休校(春休み含む)。

日本共産党市議団は、議会での質問や、市長・教育長あての要望書を通して、不安に思う保護者や児童生徒の思いを伝え、柔軟に対応することを求めてきました。

 

工夫を凝らした卒業式

新型コロナウイルスの感染が懸念されるなか、大きな節目である子どもの卒業式について、子どもも保護者も「どうなるのだろう?」と不安を抱えるなか、各小・中学校では規模を縮小しての式が開催されました。参列者は児童・生徒と教職員のみ、内容は証書授与と学校長式辞が中心です。

 

それでも、卒業する我が子の姿を見たい保護者の気持ちに応えるために、校舎外に設置したモニターで中継したり、ビデオ撮影をしたCDを保護者に配布したり、最後に学校の門を卒業生が出る時に、親が拍手で門出を見送るなど、各学校で工夫した対応がとられました。

f:id:miyashita03nami08:20200329151823j:plain

画像:モニター中継で式の様子を見る(第二中学校)


 

なお、入学式については、4月8日。参列者は保護者(小学校は1家庭に2名まで、中学校は1名)と教職員、在校生(代表1名)で行われる予定です。

 

小学校児童のあずかり状況など

3月26日まで、小学校において児童の預かりを実施。初日の3月2日は437名、3日以降は一日平均300名前後が利用しました。この間、子どもの運動不足解消のために20分休みに校庭を開放した他、18日からは在校児童に午後の一定時間校庭を開放する等の対応がとられました。

0327ぷらっとわらび増便初運転!

市民の要望、コミュニティバス「ぷらっとわらび」の拡充が実現し、本日が初運転・8時の便が無事に出発しました!

 

日本共産党蕨市議団は全員が蕨駅で出発を見守りました♫

 

わたしの住む錦町地域はこれまでの便に加え、反対回りがプラスされました。

駅や市役所に行くのも錦町が一番不便で、時間がかかる状況でした。

今回の増便は市民の願いが叶ったものです(^-^)

 

f:id:miyashita03nami08:20200327091727j:image f:id:miyashita03nami08:20200327092030j:image

今回増便された新しい便。錦町を回ります!

 

f:id:miyashita03nami08:20200327091803j:image

オレンジは山脇議員の住む南町地域

 

f:id:miyashita03nami08:20200330160652j:image

中山道を走る青いバス

 

 

3月議会質疑 錦町区画整理事業特別会計補正予算

3月の市議会でわたしが質疑したのは2本。

そのうちのひとつ、錦町区画整理補正予算について報告致します。

 

【質】国庫支出金が増額となった理由はどのようか。
【都市計画部長】当初要望額1億9千750万円に対して配分額は6千912万5千円だったが、その後、国の総合経済対策による第1次補正予算で5千590万円が増額され合計で1億2千502万5千円となった。

【質】建物補償が22棟から30棟になった具体的な内容は。
【部長】当初の国の交付金額の減を加味しながら、その後の追加配分の活用に向けて一般会計からの繰入金の増や市債を効果的に活用しながら事業内容の調整を図ったもので、結果、当初予定の22から8を加え計30棟になった。

質】今年度できなかった事業は今後どのように進めていくか。
【部長】事業内容の調整として家屋移転箇所の見直しのほか街路築造工事や埋設部の移設補償など、関連事業の一部執行停止や施工範囲の縮小などを行う。

【質】繰越明許費の補償金と工事請負費の具体的な内容は。
【部長】補償金は補正分8棟の家屋移転補償費1億5千万円に加え、当初から予定していた家屋移転が年度内に完了できないことからその補償費3千万円との合計9棟分、1億8千300万円を20年度へ繰り越す。また、工事請負費は県道・朝霞蕨線で既存排水路の付替えを行っている排水路整備工事が昨年9月の台風による千葉県内での大規模停電の復旧工事の影響を受け、支障となる東京電力の電柱等の移設が遅れたことにより関連する工事にも遅延が生じ年度内に完了できない見込みから3千450万6千円を繰り越す。

 

以上