2017年5月30日の赤旗記事で

2017年5月30日の赤旗で「LGBTめぐる金銭被害活動者が勉強会」という記事がでました。
これについて意見を述べたいと思います。

 

LGBT・性マイノリティーを持つ人たちが暮らしやすい社会になるために

わたしはLGBT・性マイノリティーを持つ人たちの問題に対して、以下のような思いを持って取組みをしてきました。


まずは具体的に、

LGBTの人たちとともに歩むにはどうしたらよいか?

世間に言いにくいことを告発する意味はどこにあるのか?

ということです。

 

それは人には言えないことで悩み、「生きていくことの喜びが感じられない」という、人として当たりまえのことができない現状があるからです。

実際わたしは当事者の方々と話すなかで、この世の中で、生きることよりも大事なことはない。どんなことでも差別というのはあってはならないことだと実感しました。それが国際人権委員会の委員として、役割を発揮しようと思ったきっかけです。

例えば、LGBT・性マイノリティーを持つ方々と意見交換をするとき、お互いにひとつの言葉を言うのも配慮しながら、わからないことは率直に伝え、時間をかけてやっと信頼関係ができてきました。

わたしたちの思いに反してこの新聞記事にあるような「『講師になれる』『稼げる』高額契約を勧誘」する行為は、地道な活動を行う当事者や支援者たちの思いを踏みにじるような重大な問題です。
当事者の弱みにつけ込み、数十万単位の金銭を不当に要求するなど、あってはならないことですし断じて許すことができません。

こういった詐欺まがいの行為はきっぱり否定し、わたしたちは今回の記事にあるような「『講師になれる』『稼げる』高額契約を勧誘」などの行為はいたしません。

 

以上のことを踏まえて、これからもLGBT・性マイノリティーの問題を信頼関係のもとに取り組んでいきます。

わたしは

当事者の立場にたって「自分だったらどう思うか」「自分の子どもだったら」という思いで取り組んでいます。その気持ちを大切にして、これからも活動を続ける決意です。

 

f:id:miyashita03nami08:20170530225705j:plain

2017年5月30日付け 新聞赤旗日刊

メーデー2017

f:id:miyashita03nami08:20170504230917j:plain

左から  山脇、鈴木、宮下、梶原

市議


f:id:miyashita03nami08:20170504231117j:plain


メーデーって労働者のための日

残業時間が多過ぎる日本

朝9時に行って17時に帰れたら  心も体も健康なはず。

って、こないだ

子どもの塾の面談で  世間話しからなぜか そんな話しになった。

「それ、お母さんにピッタリですよ、体壊さないように  休んだ方がいいですよ」

と言われた  Σ(゚д゚lll)ガーン

外国人実習生

時給400円って・・・。

日本国内で  イマ  起きていること。f:id:miyashita03nami08:20170504230631j:plain

塚越分署建てかえ/草加消防署谷塚ステーション視察

4月18日、消防委員会は、草加消防署西分署と谷塚ステーションを視察しました。

 

これに先立ち、2月20日に行われた消防委員会では、蕨市の塚越分署の耐震診断の結果が報告され、判定値が満足せず建てかえが必要だということが明らかにされました。今回の視察では、塚越分署の立てかえにあたり、ほぼ同じ大きさの谷塚ステーションをメインに分署と消防団がどのように共存しているのか、部屋やトイレ等の配置、工夫している事などはどんなことなのかを見て来ました。

 

塚越分署の消防車両は分団と分署がひとつのスペースにまとめて停めてあり、1階に事務所・書庫・仮眠室・浴室・食堂、2階に第一分団詰所と更衣室があります。視察した谷塚ステーションは分署と分団の駐車スペースが別々にしてあり道具等の設置も含め、より管理しやすくなっていました。また、事務所にある机のサイドワゴンは稼働式のものにしてそれぞれ勤務の時に自分のものを使う形式にして、非番の職員は所定の場所にしまっておくという、限られたスペースを有効活用する工夫がされていました。塚越分署は1階が職員、2階が分団となっていて、職員の事務所の前を分団員が通る形になります。職員は署員と団員が日常顔を合わせられるような配置のほうがコミュニケーションが取れるとの意見もあり、今後検討すべき点の一つだと感じました。建てかえについて29年度に基本計画、30年度に設計、31年度に工事予定となっています。

 

耐震診断の結果=耐震改修と建てかえとでは、同程度の費用を要する見通しが明らかになり、また、塚越分署管轄の南町地域内での分署の位置や周辺の道路状況など現在地が適切な場所であるとの判断から、基本的には今の場所に建てかえる方針となりました。

障害者支援施設 どうかん 見学

f:id:miyashita03nami08:20170414174558j:plainf:id:miyashita03nami08:20170414174504j:plain


岩槻の障がい者支援施設 「どうかん」を見学しました。


案内してくれた支援課長なすのさんの「問題行動がなければいいっていうものではない」

の言葉が残っています。


〜その人の特性に合わせた対応を。その人 その人で表れ方が違う。その人が気分よく過ごせるためにひとり1人に合った対応をしていきたい〜


気持ちが入っている言葉は迫力が違います。


これって障がいのある人に限らないな、と感じました。


子どもでも  大人でもひとり1人違う。

自分の物差しとも違う。

なぜその人がそういうこと言うのか、なぜそういう行動をとるのか、

なぜ?

という疑問をいつも忘れないようにしたいです。


※画像は使用許可 承諾済みですが、念のため一部加工をしているものもあります。


一緒に考えませんか4月26日

f:id:miyashita03nami08:20170405103527j:plainf:id:miyashita03nami08:20170405103437j:plain


f:id:miyashita03nami08:20170405103546j:plain


気になることが話せない・・・。


森友学園の教育ってどうなの!?


☆徴兵制やっぱり気になる!


☆国立大学の授業料も高くなる!?


気軽におしゃべりしましょう♪

4月26日


新婦人ニュース

ニュース編集


新日本婦人の会の月いちのニュースです。


春休み・・・(*゚∀゚*)

恐ろしいくらい 2人からの

ママ ママ  コール


家で仕事できず、ファミレスで・・・。

新婦人のニュースは私が編集しています。

皆さんの活動は毎回 とても感心していて尊敬できるものです。



f:id:miyashita03nami08:20170331174732j:plain

f:id:miyashita03nami08:20170331174814j:plain